「第5回Mt.富士ヒルクライム」

朝4時起床。少しガスってはいるけど、天気は良好。
そそくさと準備し、4時半にはペンション「ノア」を出発。

ドギーパーク着、自転車の準備。とは言っても空気圧確認してエアー入れるくらい。
荷物を置きに一度スタート地点の北麓公園まで移動。荷物預けた後はまたドギーパークへ。

戻る途中の坂でこれからこの坂以上の距離を走ることを考えて、少し萎えるw

スタートまでまだ時間があるので腹ごしらえと、タイガーバームを塗りたくる。
この時間は結構寒かったのだが、塗ったことによりさらに寒くなるwその辺はしょうがない。

まだ時間があったのだが、軽量化のためスタート地点へ。途中の資料館?みたいなところへ。
ところで、サイコン回んないなぁ、とか思っていたら見事に断線していた(´・ω・`)ショボーン
いまさらどうしようもなかったので、スタート地点へ。

スタート地点でメイドさん学科の面々と遭遇。少しだべりつつ、先行組がスタート。

時間になったので、集合場所へ移動。ここで本日ご一緒するお方、Bさんが登場。
お話してる間に、どうやらスタートの合図があったらしい。緊張感まるでなしw

今年は料金所のかなり手前で計測開始。とりあえずそこまでのったりくったりと、一緒に参加の友人と先ほどの方の三人で登り始める。

それにしても人多いなぁーとか、計測開始地点過ぎた辺りでうちらの後ろの組の方々がダッシュかけて登って行くのを見てなんであいつら8000番台?とかしょうもないことをしゃべりつつ、周りは黙々と登るのに対し、うちらは少々やかましかったかも?

少し登ったところで、友人離脱。ちょっとした漫才を交わしwその後はBさんと淡々と上り続ける。最初のトイレ箇所を過ぎた辺りでこのペースなら二時間は切れるよ、というお言葉。

しばらくは二人で走っていたのだが、5kmの計測過ぎくらい?少し平坦になったところで、ギア上げてベースアップしていったらBさんとはぐれてしまう・・・。その後はひたすら一人旅。

もちろん、自分がどのくらいのペースで走っているのか?タイム的にどんなものなのか?さっぱり。もうひたすらペース的に上げられるところは上げて登り、ダンシングを混ぜつつ淡々と登る。一応、時計は動いてるので、何分くらい走ってるのかはわかっていたのですが・・・。

で、五合目ゴール手前、走ったことある方はわかるかと思いますが、しばらく平坦な道が続きます。ゴール手前には坂が待っているのですが、そんなことは百も承知。

去年一昨年とここで足攣ってるんですが、今回はそんなこともなく、順調にベースアップ。ちょうどよいスピードの列車が来たので便乗して一気に坂下へ。そのままの勢いで半分くらいは登ったけど、力尽きwてだらだらとダンシング。ゴール手前でmixiの方でお世話になっているお方と、その前くらいにメイドさん学科の方に声をかけられつつ、ゴール!

お疲れ様でした~。


タイムは時計見る限りは、走り始めた時間から考えると二時間切ったっぽい?

ゴール後は補給したり、もう一人のメイドさん学科の方がいたのでその方とおしゃべりしたりしていてなんだかんだで結局下山は最終組でスタート。無事下山後は北麓公園でうどんを手繰る。今年は結構うまかった気がしたんだが、気のせいかな?


何はともあれ本日参加の皆様、ホントお疲れ様でした。
また来年、お会いできればと思います。

ところで、一応のタイムは、メール配信を登録していたはずなんだが、届きませんでした。
なので、リザルトのうp待ちです。
[PR]

  by tails-chaser | 2008-06-02 22:12 | 自転車なこと

<< 練習? ハーフセンチュリーいばらき >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE