「ブリヂストンサイクル杯第3回スポニチ塩原温泉ヒルクライム兼JCRC第8戦」

遅い報告ですが、「ブリヂストンサイクル杯第3回スポニチ塩原温泉ヒルクライム兼JCRC第8戦」というのに参加してまいりました。

このレースは一般参加の珍しい二日間にわたる、ステージレースとなるレースです。

1日目の個人ヒルクライムTTレースと、2日目のマスドステージでの結果で総合優勝者が決まるという、もちろん私にはそんなのは無関係なのは、いうまでもないのですがね!


さて、そんなわけで一日目。
去年は前日入りして前泊し参加したのですが、今年は休みが取れず当日入りして参加になりました。
基本、輪行という移動方法しか取れない私からみると、午後からレースという時間帯はありがたいです。

現地に着いたら雨も降っておらず、絶好のレース日和。日差しがあって逆に暑いくらいでした。
朝起きたら雨だったし、向こうも雨だったらどうしようかと思ってましたが、これならなんとか天気も持ちそうな感じです。

現地では既に本日ご一緒に参加するチームのお仲間さんたちが到着済み。私は一泊お世話になる宿でご一緒する方と合流して会場まで移動。
一緒のチームメイトの一人がまだきてませんでしたが、スタート間近になって無事到着。なんかすっげー久しぶりなお会いした感じが・・・。

時間も時間になってスタート。
去年とはスタート地点が若干変わって、公園入り口より手前からのスタート。
たぶん車の出入りの関係で変わったかと思われ。去年は色々と危なかったしね。

エントリー表通りに順番にスタート。私は「F-314」でスタートは『13:24:30』メイドさん学科自転車部の中ではTT前半組みでは一番ラストです。
時間になって、スタート。とりあえず前の人を追いかけるも、すぐに息が上がる。相変わらず心肺弱っ!と言ってもしょうがないんで心拍が上がるまで、ひたすらくるくると脚を回します。

程なくしてもちろん!後ろの人にぶち抜かれます・・・。その辺は諦めてるので、とにかく自分のペースで登ります。
一応、去年とは違って多少なりとも踏めてる感じと、勾配がきつくなってもダンシングを混ぜつつ登れているのは成長したのかなぁ?と。

や、だって去年はもう、小曲がり峠(というところがある)の部分なんて絶望感しかなかったもの。前回走ってるというのはあるかと思うけど、今回は臆せず登れました。

その後も抜かれましたが、逆に抜き返したりしつつゴールを目指しました。正直TTレースとは思えないスピードですが、無事ゴール、と。ただ、ゴール前踏み込んだら右足のふくらはぎを攣りそうになる。攣りグセでもついてるのかなぁ?毎回同じところをまず攣るんだよね・・・。

先行した皆さんはもちろん既にゴールしていて、待っていただいてくれました。
手元のサイコンは35分くらい。去年のタイムをまったく覚えていなかったので、どのくらい縮めたのかはさっぱりでしたが。

その後はさくっと皆さんと一緒に下山し、後半TTスタートの今回参加のチームのメンバーの中では一番のヒルクライマーの方の応援に向かいます。
毎度思うんだが、せっかく登ったのに下りる時はあっという間なので、もったいないよねwww

下山途中、後半組みがスタートして登ってくるのを見ましたが、あの人らはおかしいです。だって平地並みのスピードであの坂上って行くんですもの。
真のバスク人どもは、やっぱ一味も二味も違うようです。


んでその真のバスク人の一人もスタート。スタートを見届けた後は、私らは前夜祭が行われる会場へ移動。雑談しつつ、前夜祭が始まるのを待ちます。

その際に女性の方が来て、写真撮りましょうか?とチーム仲間のマニュアルフォーカスのカメラでうちらをパチリと。あとで知ったのですが、進行のお手伝いで来てたタレントの朝生つぐみさんでした。


んで前夜祭。
今回はアンカーの選手は長沼選手一人。他の選手はあちこちのレース参加で忙しいようです。
栄養士のなんとか(苗字忘れた)うららさんと朝生つぐみさんのお二人を交えてのトークショー。
その最中にリザルトが発表され、正直誰も聞いてない状態に(´・ω・`)

グダグダになったwトークショーも無事?終了し、ジャンケン大会へ。コンパクトデジカメとか自転車とか結構揃ってましたが、残念ながら学科の面子はすべて敗退。ここで明日のジャンケン大会にはD40があります!と電撃?発表。なぜか、うちらの中での誰かがゲットして光学沼に入るんですよね?なんて話題に。ま、結局は何にも取れずに帰るんですけどもorz

そんなこんなで、同宿組以外とは一旦ここで解散。それぞれの宿に向かって帰ります。
私は二人の方とご一緒することになっていて向かった場所は、去年と同じ静観荘古山(ふるやま)へ。途中、コンビニによって晩飯と明日の朝飯の買出し。

宿に戻ってメジャーと電脳コイルを見つつw、飯食って明日の準備をして風呂へ。
「本日は温泉100%」と書かれたプレートのある温泉というのも珍しいよね?

今回、私は前回の笠間の時にチームの部長でもある方に試させてもらったタイガーバームを購入して持参。
もちろん風呂上りに塗りたくる。部屋が一気にタイガーバーム臭でいっぱいにwww
そのあと宿泊仲間の人の持参の低周波マッサージを試させてもらう。あれいいですねぇ。今度探してみよう。

そんなこんなで一日目終了。正式リザルトは[34:35:615]
去年が[0:48:30.204]だったので、かなり短縮できたね。ちょっと満足、けどレースとしてのタイムとしてはまだまだだよね。


そんなわけで、二日目。

とりあえず4時に起きましょう、んでメシ食って仮眠でもして、6時くらいには出発しましょう、という前日のお話どおりに行動。

出掛ける時間ギリギリに、一人が再度軽量化します、ということでも一人の方と私で、先行して温泉街から約10km下った二日目のスタート地点「TEPCO
塩原ランド」へ。
去年も思ったけど、意外に下るんですよ。下りながらこれまた登るのかぁ・・・と。もう、それを思うだけで心が折れそうになります。

到着後、それほど間をおかずに軽量化されたも到着。先日ご一緒した方々も続々とスタート地点に集まるが、一人が体調不良で残念ながらDNSとのこと。来年こそぜひ!

さて、今回のスタートの順番はO,G,Wが先行して、Fクラスが最後。必然的に私が最後尾というのが決まりきってのスタートですorz
スタート地点では落車も無く、順当に走り出します。私も順当に遅れていきます・・・。あ、まぁでも去年よりはついていけたんですよ?皆さんがしばらくは遠くに見えてましたしwww

去年と同じく、ほとんど単独行だったのですが、とりあえず一人ガタイのいい人が常に前に見える位置でその人を追いかけるという感じで走ってました。
が、結局最後まで追い越せなかったなぁ。山岳ステージに入ったら入ったで、いい感じで距離を空けられちゃったし・・・。

そう、山岳ステージ。去年はホントこの位置でDNFしようかと思うほど、絶望感でいっぱいだったのですが、今年はそれほどでもなく気持ち的にはあと三十分走れば~、なんて感じで登りに入れました。でもすぐ後ろに、バイクのエンジン音を聞きつつのヒルクラ突入でしたけどなー。ただその辺は目の前のWクラスの女の子を抜いてからは聞こえなくなりましたけども。

さて、柵を抜けての最初の方で、Fクラスの人らが何人か前に見える位置で、登って行きます。なんとか追いつきたいなぁ、なんて考えつつひたすら脚を回してました。小曲がり手前くらいでFクラスの人をパス。しばらく並走する感じだったのですが、そのときに「私より後ろの人がいたんですねぇ」なんて声をかけられる。「いますよぉ」なんて感じで応対すると、「私は昨日のタイムで最下位で、私の前を走ってる人がその次なんですよ」えーっと、私その人の次の人なんですけど・・・、とは思ったけどとりあえずそうなんですか?とwwwまぁ、答えても良かったけど、あんまりしゃべる余裕は無かったの。

その後も淡々と登り続け、先発組みが下ってくるのを見つつゴールを目指します。この辺でなぜか少し脚の調子が良くなってくるが、いかんせん心肺がもう・・・。あとちょっとお腹痛くなってきてて、その辺も苦しかったです。

ゴール前はそれなりに平坦なので、ガシガシと踏み込みます。が、正直気持ちだけwww先にゴールしてるチームメイトの掛け声に合わせてるつもりが、いまいち進んだ気がしねぇ・・・。
そしてゴール!そしてそのままトイレまで!


そんなこんなで無事、レース中は雨も降られず終了しました。お疲れ様でした。


下山後、とりあえず表彰式までは時間があるので、参加賞を貰って私らは宿へ荷物を取りに、あと温泉入りに。参加賞は去年と同じくダイコン。ええ、正真正銘ダイコン一本となんかのたれのビン一本。一人暮らしでさらに自走して帰る人にはどうしろと?というお土産でして。同じのを出すということは、去年はもしかして好評だったのだろうか?とりあえず自走するのに邪魔だ、ということで木の影に置いて宿へ。

ひとっ風呂浴びて、表彰式会場へ。が!宿出る直前で雨が降り出してしまいましたorzレース中に降られずにすんだのはラッキーなのかもしれませんが、せっかく温泉に入って温まったというのに最悪です。もう誰にとは言いませんが・・・。

とりあえず会場に到着しテントに入って雨宿りしつつ、今回チームメイトの一人が昇級することになりお祝いしつつ豚汁をすすります。体あったまってウマー。


で、表彰式。順番に表彰されていきます。いつか乗りたいです。今回どこのクラスかは失念してしまいましたが、人生初の表彰台です、と言ってた方が居られました。うれしいだろうなぁ・・・。
そんなこんなで昇級する仲間の番。ホント嬉しそうでしたよー。バスク人引退とかバスク人じゃないですよ、とか仰ってましたが、十二分にバスク人ですYO!

そんな表彰式の中で今回、女子Wクラスの優勝者が三連覇とのこと。すごいです。ちなみにTTでのタイムも24分台と、他男子の一般的なクラスでも充分通用するタイムです。んで、総合優勝も掻っ攫っていった、Sクラスの優勝者の方、どう見ても中学だかいっても高校生?位の見た目の人なのですが、速報で確認しましたがやっぱり13歳だってさ。

その後はジャンケン大会をし、終了と。残念ながら新たな光学沼に落ちる方は、チームの中には出ずにすみましたwww

私は車で来た方が家まで送ってくれるというので、ご一緒に。雨の中駅まで自走するのもなんですので、というのでチーム仲間も駅まで車で。今年も千本末牧場には立ち寄れず。来年はぜひとも寄りたいものです。

帰りは宇都宮で餃子でも~、なんて話していたのですが結局、雨の中出るのもあれなので、ということでそのまま部屋まで直行していただきました。ホントありがとうございました。


とりあえずの二日目、レースリザルトは[1:12:53.537]
総合リザルトは[1:47:29.152]

昨年のレースリザルトが[1:29:10.759]総合リザルト[2:17:40.963]だったので、個人的には満足かな?・・・んーでもちょっと悔しいかも。もっと早く走れるようになりたいね、やっぱ。


そんなこんなで二日間、参加の皆様お疲れ様でした&お世話になりました。願わくば、来年もご一緒に走れると良いな。


雑感。
とにかく、脚力を今以上につけないと、正直勝てない。あと体重も落とさなきゃね。
初クラスレースがこの塩原なので、なんとかしてこのレースで昇級とか、初お立ち台とか乗ってみたい!というの野望を、考えるだけですwww
[PR]

  by tails-chaser | 2007-10-06 00:00 | 自転車なこと

<< 練習!練習!練習! センチュリーラン笠間2007 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE